新ジャガイモとソーセージの炒めもの キャラウェイ風味 – Fried Potato and Sausage with Carawey Seeds –

今回もGABANのモニタープレゼントで頂いたスパイスを使っての料理です。

今回のスパイスはパプリカ、スイートバジル、キャラウェイ。しかもお題は朝ごはんに合うスパイスを使ったレシピ。

使い慣れないキャラウェイでなんとかならないかなと思い、試行錯誤してみました。キャラウェイはドイツ料理でよく使われる爽やかさ、ほのかな甘み、苦味が感じられるスパイス。今回は朝食らしく、ウィンナーとポテトと合わせてみました。

材料(2人分)

新じゃがいも      小4個
ソーセージ       4本
バター         大さじ1/2
サラダ油        適量
塩胡椒         適量
にんにく        1片
キャラウェイ      小さじ2

作り方

1.ジャガイモ、ソーセージを食べやすい大きさに切ります。

2.フライパンにサラダ油を熱し、水を切ったジャガイモを揚げ焼きにします。

3. ジャガイモが揚がったら、一旦、油からあげます。

4.フライパンから油を一旦移します。別のフライパンを使っても良いです。

5.フライパンにバター、にんにくを入れて、中火にし、ふつふつしてきたら、ソーセージ、揚がったじゃがいもを入れて、炒めます。ソーセージに火が通ったら、キャラウェイを入れて、少し炒めて完成です。

キャラウェイの甘みと苦味が新ジャガにあって、朝食にちょうど良いです。これだけでも朝食として、成り立ちますし、ご飯、パンと合わせても。

ポテトとジャガイモだけだともっさりとした味になりがちですが、キャラウェイで爽やかな感じに仕上がりました。

朝ごはん料理レシピ

朝ごはん料理レシピ  スパイスレシピ検索

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*