ブラジルのオクラシチュー カルル・デ・カマラオ - Caruru de Camarao –

夏野菜のオクラ。日本では生で食べることが多いですが、他の国ではフライにしたり、シチューにしたりと色々と調理方法があります。オクラはアフリカ原産で、アフリカから奴隷として黒人が連れてこられたアメリカ、カリブ海、南米の各国で幅広く食べられています。アメリカでは南部ニューオリーンズのクレオール料理、オクラのシチュー、ガンボ、キューバではキンボンボーと呼ばれ煮込み料理に使われます。

今回作ったのはブラジルのオクラシチュー、カルル。特にメジャーなバラエティーでエビと合わせたシチュー、カルル・デ・カマラオを作りました。

■カルル・デ・カマラオ - Caruru de Camarao –

材料(2人分)

エビ      100g
オクラ      3袋、30本程度
干しエビ    大さじ1
カシューナッツ 大さじ1
玉ねぎ     中半分
ピーマン    2個
にんにく    1片
生姜      1片
レモン     1/4個
デンデオイル  大さじ1 (本来は、ですが、手に入りにくいので、オリーブオイルなどでもOK)
塩       少々
胡椒      少々
チリパウダー  少々

作り方

1. 下ごしらえをします。エビは皮を剥いて、白ワイン、日本酒等を振ります。にんにく、生姜はみじん切り、ピーマンは種を取って1cm角に、玉ねぎはみじん切りにします。オクラはヘタ、先端を切って、2-3cmの長さに切って、レモン汁を振ります。

カシューナッツと干しエビはミキサーで粉状にします。

2.   フライパン、鍋等にオイルを大さじ一杯等中火で熱し、にんにく、生姜、ピーマン、玉ねぎを玉ねぎが白くなるまで炒めます。

3. 干しエビとカシューナッツの粉末を入れ、焦げないように数分炒め、エビを加えます。

4. 少し炒めて、オクラを加えます。

5. 水をカップ一杯程度加えて、一旦強火で沸騰させてから中弱火で30分程度煮込みます。水が減ったら足します。

6. こんな感じで煮詰まっていきます。

7. 煮詰まったら塩、チリペッパーで味を整えて完成です。ご飯と盛り付けます。

最小限の材料で、素材の良さを引き出す料理です。オクラとエビの旨みがたっぷりで自然な味に仕上がります。簡単に手に入る材料で、調理も難しくないかと思います。

ブラジルではご飯と食べることもありますが、ファリーニャ(キャサバ芋のパウダー)などと合わせることもあります。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*