ブラジルのソーセージ リングイッサとビナグレッチソース Linguiça and Vinagrete

リオデジャネイロオリンピックで話題になったブラジルのソーセージ リングイッサとブラジルのBBQシュラスコにかかせない爽やかな野菜ソース、ビナグレッチを作りました。バーベキューのメニューとしても美味しいし、ディナーの一品としても丁度良いです。

img_6073

ビナグレッチソース

img_6067

材料(ココット1杯分)

ミニトマト      4個かフルーツトマト1個
玉ねぎ        1/4個
ピーマン         1/2個
オリーブオイル    大さじ1
白ワインビネガー   大さじ1
砂糖         小さじ1
塩胡椒        適量

作り方

1. トマトを5mm角に切ります。トマトは酸味が強いタイプのトマトが良いです。大きめのトマトの場合は種を取ります。

2.  玉ねぎ、ピーマンを5mm角に切ります。

3. オリーブオイル、白ワインビネガーを1:1で混ぜ合わせ、砂糖を入れ(酸味を和らげます)、塩胡椒をし、トマト、玉ねぎ、ピーマンと合わせ。冷蔵庫で1時間ほどおいて、味をなじませます。

今回はブラジルのソーセージに合わせてみましたが、ブラジルではシュラスコ(BBQ)の牛肉に合わせることも多いようです。酸味が強くさっぱりしていて、お肉によくあうソースです。

リングイッサ

リングイッサは五反田のブラジル、ペルーの食材店、キョウダイマーケットで冷凍を買ってきました。

日本で手に入れるとしたら、冷凍になるかと思います。このブログの最後でも紹介していますが、楽天市場でも購入できます。

食べるときは季節にもよりますが、パッケージのままで常温で1-2時間で解凍されます。時間が無い場合はパッケージのまま、30分ほど水につけて解凍します。

リングイッサは生のソーセージ。豚肉のひき肉に香辛料(にんにく、塩胡椒、パプリカ、オールスパイスなど)で味をつけて、腸詰めしたものです。生のソーセージは日本ではなかなか無いかと思います。

img_6068

調理は炭火でじっくり焼くのがベストですが、家庭ではそうはいかないので、鉄のフライパンで焼きました。

油はひかずに、弱火〜中火で20分ほど。途中で油が染み出してきます。転がして、フライパンに触れる位置を変えつつ、焼いていきます。

オーブンで焼いても美味しいかと思います。

img_6069

盛り付けて完成です。リングイッサはゆっくり焼くことで、ジューシーに仕上がります。熱々をビナグレッチソースと食べると最高のコンビネーションです。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*